人妻との出会い

人妻との出会い

リンクブログページです

リンク2 人妻との出会い
HOME> ブログ>

人妻との出会いのリンクブログ

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称。RSSはRDFの採用をめぐって現在分裂状態にあり、1.0と2.0の2つの系列に分かれている。当初、0.9はRDFをベースにしたデータ形式を利用していたが、0.91ではシンプル化するためにRDFを利用しなくなった。その後、1.0では0.9の系列を引継ぎ、複雑なRDFを採用することで応用性の高いデータを利用できるようにした。これに対して、2.0は0.91を引継ぎ、コンテンツ配信に特化することで複雑なRDFを排除している。

家庭

(かてい)とは、生活をともにする家族によって営まれる集まり、および家族が生活する場所を指す。家庭は、家族が生活を共有する場であり、社会の最小単位である家族と、家族が生活する場を内包する概念である。家(住宅・家屋)と不可分ともいえるが、単に一緒に住むだけでは不十分であり、また住宅に居住しない、あるいは住宅以外のものに居住し、家庭を営む家族もある。人間は社会的動物であり、社会に依存したり働きかけて存在しているが、家庭はこういった人間の性質によって形成される。

姦通

(かんつう)とは、社会的・道徳的に容認されない不貞行為・性交渉のことである。婚外性交渉とも。本来は、不倫・不義密通も同じ意味であるが、現代日本語では、既婚者が配偶者以外の者と性交渉を持つ行為を主に不倫と呼ぶようになった。社会的に承認される性行為は通常、婚姻によるものであるが、世界の地域・時代によっては、婚姻以外にも社会的に承認される関係は存在した。儒教においては、妾を持つことが認められており、日本でも側室などは公的な存在であり、一夫一妻制が厳しかったキリスト教でも公妾が存在することがあった。また、娼婦・奴隷等と性交渉を持つことが公的に認められた時代も多かった。一方、社会的に容認されないものには、既婚の女性の他、他人の妾、側室、親の保護下にある未婚の娘、儒教圏において、儒教が厳しく解釈された地域・時代における父系親族(同姓不婚)、異教徒、異なるカーストの相手などがあった。また、宗教や民族・地域・時代によっては、同性愛が含まれる場合もある。近親相姦は、いくつかの社会でそれにまつわるタブー(インセスト・タブー)が存在する。

不貞行為

(ふていこうい)とは、法律用語であり、配偶者としての貞操義務の不履行を意味し、民法770条に離婚事由として規定されている。不貞行為とは、男女間の性交渉であり、性交渉を伴わない男女の密会等は不貞行為には該当しない。また、通常、不貞行為が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した不貞行為が必要とされる。

純潔

(じゅんけつ、英: chastity)とは、精神的な節制を保つこと。とりわけ男女関係において結婚によって配偶者になった者以外との性的関係が無い状態を指す。純潔の状態を道徳的見地から維持することを貞操(ていそう)と呼ぶ。西洋においては、家父長的なローマ法的な思想とユダヤ教に由来するとされるキリスト教的な思想が融合した中世において男女、とりわけ女性に対して極めて強い貞操観念がキリスト教会を中心に展開された。本来、ローマ法における女性への貞操観念の強制は土地や財産の権利を巡る社会的な理由を要因としており、一方キリスト教の貞操観念も必ずしも強調されたものではなく、イエスの言行の中でも純潔・貞操について語ったことが知られているのは、天国に行くために宦官になって性的行為を一切たった男の話をした件のみで、初期キリスト教においては、やもめの再婚に批判的であったことを程度であった。それが中世になると、原罪の根源がイブの犯した罪=女性の性とされ、夫婦の営みそのものが宗教による監視の対象とされていった。女性に対して強い貞操観念を求める動きは近代になっても形を変えて継承され、第二次世界大戦後の女性解放運動による異議申し立てまで社会通念として定着していた。

性行為

(せいこうい、英: Sexual intercourse)は、性欲に基づいた行為。性器や肛門の接触や性交などの行為のこと。人が性的欲求に触発され、複数で行う一連の行為のことである。快楽や愛情表現を目的として行われる事も多く、必ずしも生殖に結びつかない。主に一組(カップル)の男女が性交(交尾)を行うことであるが、人はそれぞれ様々な性的指向(同性愛、フェチズムなど)を持っており、性行為が指す範囲は幅広い。

愛情表現

(あいじょうひょうげん、英: expression of one's love)は、愛を表現する行為である。男性と女性の接吻や抱擁、ペッティングなどの性行為を伴ったものから、親と幼児、子供の間でのものから、成人になった子供から高齢の親に対するものまで色々ある。その表現としては、握手、接吻、抱擁、手をつなぐ、頭、頬など身体の一部に触れる、撫でる、すり合せるなど。民族、文化によって、その形態は様々で、スラブ民族では、親愛の情を示すために男性同士でも抱擁したり、頬に接吻したりすることもある。

接吻

(せっぷん)は、口づけ、キス / キッス(英語: kiss)、チュウともいい、愛情表現、友愛表現のひとつ。人が自分の親愛や友愛の情や魔除けその他を示すために唇を、相手の額や頬、唇などに接触させる行為。キスの一種であるディープ・キス(フレンチ・キス)は、唇を触れ合うだけでなく、互いに舌を相手の口腔内に挿入、舌を絡め合う、濃厚なもの(唇を触れ合うだけのものは、これと区別してソフトキスやブリーフ・キスと呼ばれる)。フレンチ・キスとはイギリスから見てフランス式のオープンなと揶揄してつけられた。日本ではフレンチ・キスをライト・キスのことだとする誤解があるが、これは日本とその他の国との間の、フランスに対するイメージの相違に由来するという説もある[1]。ただし、それだけではない。フランスでは、(他の欧州圏と違って)男女間でも日常的に非常に頻繁に(挨拶として)キスがなされるが、そのキスはライト・キスである。

ハグ

(hug) または抱擁(ほうよう)とは、一人または数人の他人を腕で抱え込むかその周りに腕を回すことを通常伴う愛撫の形態である。抱きしめること。ハグは、非言語コミュニケーション(英語:non-verbal communication)の一種であり、しばしば視線を交わしたり、キスをしながら行われる。ハグは親密さ、愛情、友情を表し、伝える手段である。ハグの相手に支え、安楽、慰めをもたらす。喜びで心が温まってハグをする場合も、辛い悲しみに打ちひしがれてハグをする場合もある。ワールドシリーズの決勝戦においてチームの勝を決めた際など、スポーツチームの祝賀方法としても用いられる。多くの場合、ハグは愛情を示す身ぶりとして接吻と並んで最も一般的なものの一つである。他のいくつかの愛撫形態と異なり、他人の見ている所でハグを行うことが恥ずかしいものや、禁忌とされる国・宗教・文化は、数少ない。

人妻出会いその他

安全に安心して出会い系サイトを楽しむためにはやはりルールが大切だと思います。

人妻出会い次へ ページトップへ